背中の汗の対処法

汗かいてますかー!ならば知っておきたい背中ニキビと汗の関係性

背中ニキビは自分では気づきにくいため、気が付いた時には悪化してしまっている可能性があります。
ニキビの原因は多種多様ですが、その中にも汗が原因の場合があります。
背中は常に衣服と接している事や、就寝中も下着やシーツに接触しています。日中の汗はもちろんの事、寝汗をかくことにより雑菌が繁殖しやすくニキビができやすいのです。
寝汗は誰でもかきますが、特に多くの汗をかく方は要注意です。
衣服や布団により汗をかいた背中は、蒸れた状態が続き菌が増殖します。
そのため、ニキビもできやすく放置すれば悪化しやすいといえます。

 

汗をかきやすい背中

 

人間の皮膚には莫大な数の汗腺というものがあります。汗は汗腺から出ますが、背中には汗腺が多い事から汗をかきやすい部分といえます。
汗腺に、皮脂またはほこりなどの老廃物が溜まれば、毛穴が詰まり汗が外に出にくくなるため、皮膚の中の汗が菌の繁殖を促しニキビなどができやすくなります。

 

予防対策

 

汗をかくことは仕方がありませんが、寝汗の場合は朝起きてからのケアにより改善できるでしょう。朝のシャワーを取り入れることは有効です。しっかりと洗う必要はありませんので、5分程度で済ますことができるはずです。
また、就寝時に汗をかいて目覚めた時には着替えをすると良いでしょう。
シーツは頻繁に変えることで雑菌との接触を極力減らすようにします。

 

日中の汗はできる限り汗を拭く、また通気性の良い衣服や吸湿性のある物を着用するようにする。下着だけでも携帯し、汗をかいた時には着替えをすると良いでしょう。
できるだけ早くシャワーで汗を流す習慣をつけましょう。汗ふきシートのような物を使う場合は、アルコールが含まれている可能性があり、乾燥を招くので注意が必要です。アルコールは皮脂腺への影響も大きいです。
使う場合には、アルコール不使用の物を使い、乾燥してしまうのであれば、タオルなどでぬぐう程度にしておくことをオススメします。

 

また、夜の入浴時にはゆっくりと湯船につかり、泡をたっぷり使って皮膚を擦ることなく洗いましょう。手で洗うことがベストですが、無理な場合は綿や絹などの素材で洗うのも良いでしょう。その場合も優しくなでる程度で十分です。特にニキビが出来ている場合は潰れてしまわないように注意が必要です。

 

保湿も必要です

 

汗をかくことにより乾燥が進んでいる場合があります。乾燥はニキビへの悪影響になりますから、保湿は必要です。
キレイに洗浄した後は、必ず保湿をしましょう。ニキビのできやすい人の保湿は油分は好ましくありませんのでできる限りオイルフリーの物、またはニキビ専用の保湿剤を使うと安心でしょう。

 

背中ニキビで悩んでいる人の為の総合情報サイト